ukkeylog+

©ryo-z/Hurry69Photos
Top
2015年 01月 18日

Fragment1/5 #21 20年 X-E1

e0063851_0375235.jpg
FUJIFILM X-E1+COLOR-SKOPAR 21mm F4P


阪神の震災から20年
遠く関東の地で どうすることも出来ず焦燥感を募らせていたあの日から20年
悲惨な状況ばかりブラウン管に映し出される
それより何より 身内や友達の安否を知りたいと
電話をかけまくっていたあの日から20年
国や行政の力を借りずとも人々は立ち上がるのである
陽はまた昇るということである
[PR]
by hurry69 | 2015-01-18 00:47 | スナップ | Comments(4)
Commented by surgeon24hrs at 2015-01-21 05:58 x
こんにちは。

私は全く被害と無関係のところで生活していましたが、もう20年かという感じとまだ20年かという感じが入り混じっています。

当時は通信インフラも今より数段劣っていたので、安否確認が大変だったことと思います。
Commented by debu8219 at 2015-01-22 06:00
自分は、あの時ガソリンスタンドで働いていました。
次々にテレビの画面から悲惨な状態が流れていて
ただただテレビを見つめていました。
あれから20年も経ったのですね。
被災された方のご冥福を改めて祈りたいと…
東日本大震災からは4年阪神淡路大震災の教訓は
活かされたのでしょうか!?
国の体制は?被災された方々への国の援助は?
積もるのは国への不満ばかりです…
Commented by hurry69 at 2015-01-23 23:13
>surgeon24hrsさん
ワタシも当時はもう神奈川に住んでいたのですが、身内や友達はほぼ関西。
TVから流れる映像に愕然としながら、電話かけまくりでした。
午後になってから関西同士は繋がらなかったようですが、こちらとは時折繋がるようになりました。
そこでワタシが中継して身内の安否を連絡したりしました。
現地同士では繋がらなくても遠くは繋がるなんて・・・
東北の時は長い間携帯はつながりませんでしたけどね。
Commented by hurry69 at 2015-01-23 23:19
>魔王さん
TVの映像でしか見えないもどかしさで、あたふたしてました。
悲惨な映像はもういいから、地域地域の安否情報がほしい!とか思ってましたよ。
その点ラジオのほうが役に立ちました。こちらの局でも分かる範囲の安否情報は流れてましたから。
もう20年です。
東北の震災とは形が違うけれど、あまり教訓は生かされてなかったのかも。
震災後の状況を見れば、なんだかなぁな気持ちになりますね。
都市直下型地震の恐ろしさは阪神の震災で、沿岸の津波の震災は東北で、いろんな経験をしてきているのですから、それを無駄にしない対策が必要ですよね。
震災後のことも含めて。
まぁ国や自治体はあまりあてにならないのは変わらないですけどね^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード